腎臓病治療を食事でサポート|おいしく食べられるスペシャルメニュー

シニア

検診の結果は早期対策を

食事

健康診断などで引っかかる人も多い高血圧ですが、放っておくと血管の詰りから動脈硬化や心臓病も引き起こすものなので、早期の改善が必要です。塩分を取りすぎないという食事療法が一番効果的ですが、いま宅配食サービスも利用可能です。

Read More...

健康管理食の配達サービス

料理

個人では難しい健康管理も、腎臓病食の宅配サービスを利用すれば誰でも気軽に始める事ができます。安全と衛生にこだわって作られた腎臓病食が全国各地に配達できるため、気に入れば何度も注文できリピーターになれます。

Read More...

腎臓への負担を軽減しよう

夫婦

老廃物を体外に排出する重要な機能を持っている腎臓が弱まってしまうと、全身に老廃物や毒素が蓄積してしまうことになります。腎臓病の治療では、たんぱく質や塩分を控えながらも、必要カロリーは摂取する食事療法が重要となります。

Read More...

タンパク質と塩分が決め手

栄養バランスが重要です。腎臓病の食事に用いる食材はこちらで要チェック!普段の積み重ねが症状を緩和していきます。

大変な時は宅配が便利です

食事

腎臓病の人は進行具合にもよりますが、総じてタンパク質の量と塩分を調整していく食事療法が必要となります。タンパク質は主に肉・魚・卵・大豆製品に多く含まれているので、ごはんやパンの次にメインとなりやすい食品です。なので、タンパク質や塩分を制限する食事療法をしている方は、これらの食品を摂りすぎないことが大切なんですね。腎臓病の人が一日に摂れるタンパク質は体重×0.6、塩分量は5gから7g位と決められています。しかし、厳密にこれらの量を気にかけながら毎日食事をするのは大変ですよね。そんな時に大変便利なのが、病食用の宅配サービスなんです。特にタンパク制限されている方などは、お肉やお魚の量をきちんと考えて食べるのが難しいので、調理は温めるだけというきちんと管理された弁当タイプをオススメします。

エネルギー不足には要注意

腎臓病の食事はタンパク質と塩分を控えるという事に尽きます。タンパク質の沢山含まれている肉・魚などの量を減らしたことにより、カロリー(エネルギー)が思ったより減ってしまうことがあります。腎臓病の食事では確かにタンパク質と塩分を控える事がとても重要となりますが、あまり厳密に控えようと思いすぎてエネルギーまで少なくしないようにしましょう。エネルギーが不足してしまうと体内のタンパク質が分解されてエネルギーとなってしまうため、せっかくタンパク制限をしていても、逆にタンパク質を多く摂ったのと変わりないこととなってしまうので注意が必要です。特にエネルギーアップの為に甘いお菓子を食べることもあるかもしれませんが、お菓子もタンパク質が多く含まれているので食べ過ぎに気を付けましょう。